[PR] キャッシング 比較 たきさんとのっさんの続暇潰し編 みのりんの物語
たきさんとのっさんの続暇潰し編
諸君、私は無断リンクが好きだ 諸君、私は無断リンクが好きだ 諸君、私は無断リンクが 大好きだ以下略 コメントも大好物です 現在自分内ハルヒ祭り開催中

プロフィール ×

たき

Author:たき
たきさんの74%はお菓子で出来ています。
たきさんの24%は欲望で出来ています。
たきさんの1%はやらしさで出来ています。
たきさんの1%はアルコールで出来ています。
すなわち甘甘なのじゃよー。


ハルヒ大人買い関連はここです。

コメントTB相互リンクいつでも募集中


カウンター ×

*スクロールバー付きのBOX* ×

最近の記事 ×

フリーエリア ×


リンク ×
このブログをリンクに追加する

カテゴリー ×

カレンダー ×
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ ×

最近のトラックバック ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


Chu×Chuアイドる特設ページ公開中!『桃華月憚』応援中です!はむはむソフト 認知度増大バナー
スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


みのりんの物語
【2007/03/24 02:26】 2chネタ
250 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2007/01/19(金) 00:00:35 ID:uldi5ZX1
「先生っ!お腹痛いんで保健室に行ってもいいですか!?」
授業中の教室、ど~ん、と勢いよく立ち上がり、片手を上げたのは
元気が取り得の櫛枝実乃梨、皆勤賞最有力候補である。
目つきは悪いが(一応)ごく普通の高校生、高須竜児の想い人でもある。
竜児と、その斜め横の席に座る手乗りタイガーこと逢坂大河はそんな彼女の様子にひどく驚いた。
いつもは健康的でほのかに色付いた顔面は蒼白で、口調にも覇気がない。
空いた方の手は本人は気にしているものの、くっきりと凹んでいる腹を擦っていた。
「・・行って来なさい。」
教科担任も、そんな実乃梨の様子に気がついたのか、心配気な口調でそう言った。
実乃梨は教師に軽くお辞儀をして、静かに教室を後にした。
大丈夫だろうか・・一人で行けるのだろうか・・竜児は、心配でたまらない、といった様子で
貧乏ゆすりを開始する。
一方、大河はそんな竜児の様子を見かね、
『そんなに心配なら、ついて行けばいいじゃん』・・ノートの角を少しだけ破ってそう書いたものを
丸めて竜児の席に向かって投げ込んだ。
そして帰ってきた返事は、『どうやってだよ』
なるほど真面目な竜児らしい、授業をサボるという発想はないようだ。大河はサボれ、とだけ書いて、紙くずを投げた。
『無理』
『無理じゃない。早く行け。』
『大体、櫛枝に何て言えばいいんだよ・・ついて行ったりして・・』
『あんたも気分悪くなったってことにすればいーでしょ。』
との言葉に竜児が返事を返す前にそんな紙でのやり取りは終わりを告げた。
「先生!竜児が気分悪くて保健室行きたいみたいです!」
「はぁっ!?」
大河が手を上げて、そう宣言したのだった。
竜児の瞳は、大河の指先に向いている。
爪を剥いでやろうなどと考えているわけではない。驚いているのだ。
「そうか・・行きなさい。」
どこか脅えたような教科担任の低い声に、大河は人差し指をつき立てて、GOサインを出した。
竜児は頷いた。折角の大河のサポートだ。
辛そうだった実乃梨を支えてやりたい。
それにここで行かずして授業を受ければ後で大河に何をされるかわかったもんじゃない。
竜児は立ち上がって、授業を妨害しないように静かに教室を出た。
廊下に出て、保健室へ向かって駆けていく・・









251 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2007/01/19(金) 00:06:51 ID:uldi5ZX1
そうして辿り着いた保健室の扉を竜児はそっと開けた。
「く、櫛枝・・?」
返事はない。保険の先生も今日は出張で不在だ。
保健室はシ~ン・・と静まり返っていた。
「いない、のか・・?」
一体どうしたのだろう。自分、まさか追い抜いてしまったか?
いや、それはあるまい。それだったら途中で遭遇するはずだ。
竜児は念のため、ベッドの上も見たがやっぱり実乃梨はいなかった。
「どうしたんだ・・。」
「ありっ?高須君?」
「く、櫛枝!?」
背後からの声に振り向く・・突然現れた実乃梨に、竜児は困惑した。
しかし実乃梨はそんなことお構いなしに言葉を続ける。
「もしかして高須君もハライタ?私はトイレに行ったらすぐに治ったけど。高須君もトイレに行っトイレ!なんちゃって。」
寒いギャグまで飛ばしている。竜児は納得。そうか、トイレに行っていたからいなかった
のか、疑問解決。うんうんと頷く竜児を見て、実乃梨は首を傾げた。
「ハライタじゃないのかね?」
「いや、その・・。」
お前を心配して来た・・だなんて、言えない・・竜児は思わず視線を泳がせる。
一方実乃梨は訝しげにそんな竜児を見上げ・・、口の端をにやりと歪めた。
「はは~ん・・さては高須君、サボりだな?」
「んなっ・・。」
「そーいう悪い子にはお仕置きじゃ~!オラオラ~!」
「おうっ!」
実乃梨ははしゃぎながら、いつもの調子で竜児をどつく・・が。「わわっ。」
ハライタの影響なのか、実乃梨はフラつき、竜児の方へ倒れ込んだ。
竜児は受け止めようとしたがーー・・駄目だった。

ーー二人の体はどさり、とベッドに沈んだ。
実乃梨が上、竜児が下。竜児を見下ろす実乃梨の瞳には珍しく動揺が浮かんでいる。
「・・・。」
「・・・。」
気まずい雰囲気が・・・流れた。


253 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2007/01/19(金) 00:32:40 ID:6uAUJ6+2
うん、直球で言わせてもらうと折角面白いのだから最後まで書き上げて欲しい、とそれだけだな。


254 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2007/01/19(金) 00:53:08 ID:gXNDyQT/
続きを書こう! な!


257 名前: 252 [sage] 投稿日: 2007/01/19(金) 18:08:04 ID:qJ6PV8lI
実乃梨のふくよかな胸が、ほっそりとした腕が、太腿が・・竜児の体に密着している。
顔と顔は少し近づけば接吻できそうなほど近い。

竜児は己の心臓が飛び出しそうなほどドキドキと高鳴っているのを感じた。
いくら竜児と言えど思春期なのだ。今の状況にドキドキしないわけがない。
しかし、目の前の実乃梨は一向に離れようとしない。
顔はほのかに赤く染まっていて、何か考え込むように眉根を寄せている。
しばらくして実乃梨が、考えるのをやめ、形の良い唇を開いた時・・
流れていた沈黙を破り出てきた言葉は・・

「今気付いた。私、高須君のこと好きなんだ。」
・・・
・・・・
・・・・・
再び沈黙。竜児は実乃梨が何を言ったのか理解できなかった。
しっかりと耳には届いている。
だがその言葉があまりにも衝撃的すぎて、脳が理解してくれないのだ。
ありえない、そんなこと、実乃梨が言うわけがない。
何てったってこの恋は片思いなのだから。
今のはきっと自分の煩悩が聴こえさせた幻聴なのだ。そうだ、そうに違いない。
ーーだが実乃梨はまっすぐに竜児を見つめていた。
「ホントだよ。どうせなら、大声で宣言しよっか?」
「じょ、冗談言うなよ、くしえ・・
「私ー!櫛枝実乃梨はー!今ここにいる高須竜児君がー!

大好きじゃあぁああああーーーーーーー!!!!」


258 名前: 252 [sage] 投稿日: 2007/01/19(金) 18:09:57 ID:qJ6PV8lI
竜児の言葉を遮って、実乃梨は授業中の教室にも聞こえてしまうんじゃないかというほど大きな声で、宣言した。
「これで伝わったかな?冗談なんかじゃない。だってほら、ドキドキしてる。
前、言ったよね。誰かを好きって思ったことも、良い雰囲気になったこともない・・って。
こんなの、初めてなんだよ。誰かといて、ドキドキしたのってさ。」
一気に捲くし立てて実乃梨は口をつぐんだ。竜児の返事を、待っているのだ。
ーー返事は、決まっている。当たり前だ。
去年から積もりつもったこの想い。夏の合宿の時、間接的にだが伝えたつもりだったこの想い。

「俺も櫛枝のこと・・好きだ。」


259 名前: 252 [sage] 投稿日: 2007/01/19(金) 18:10:38 ID:qJ6PV8lI
続き書いてみた。次は多分エロ突入・・ごにょごにょ。


260 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2007/01/19(金) 19:02:54 ID:OsQEd/D5
GJ!
続き期待


261 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2007/01/20(土) 00:29:37 ID:kOtC3iMe
    ∧_∧
    ( ・∀・)ワクワク
  oノ∧つ⊂)
  ( ( ・∀・)ドキドキ
  ∪( ∪ ∪
    と__)__)


262 名前: 名無しさん@ピンキー [さげ] 投稿日: 2007/01/20(土) 22:46:04 ID:M2gY4w99
来たぁっ!続きを期待するぜ!


263 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2007/01/22(月) 23:59:46 ID:5t1szj9a
ほしゅ


264 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2007/01/24(水) 07:16:41 ID:bH3jiuED
ナイスジョブ!


265 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2007/01/24(水) 17:33:36 ID:Tmu6KfTc
フェラやコキも…


266 名前: 259 [sage] 投稿日: 2007/01/25(木) 18:52:17 ID:/YIwIUTN
「・・ホント?」
実乃梨のか細い声が耳に届いてきた。竜児は勿論、と頷く。
「俺は嘘なんかつかないぞ。大体・・こんな時に嘘付く奴がいるかよ。」
「うん・・そだね、ウヘへ、実乃梨は嬉しゅうございますぞ・・。」
頬を緩め、いかにも彼女らしく笑う実乃梨に、竜児も微笑みかけた。
亜美に見られたらホラーとでも言われるかもしれない危ない顔だが、本当に、本当に嬉しくて仕方がないのだ。
今日はきっと高須竜児一生涯最大の記念日となるだろう。
「ね、それじゃあさ・・。」
「・・ん?」
竜児の唇にしなやかな指先を当てて、実乃梨はにっこりと太陽のように眩い微笑みを浮かべた。

「キス、しよっか?」
感激で今にも昇天してしまいそうだった竜児の思考が、ピタリと停止する。
キス、美味しい魚・・ではなく、おそらく実乃梨が言っているのは・・
唇と唇を重ねる、という行為。
かぁっと竜児は赤くなる。幸せのあまり忘れていたが、ただでさえこんなシチュエーションなのだ。それは危険だ。
「あはは、冗談冗談。そういうのは、お付き合いしてから一ヵ月後位がベストだもんねー。」
・・とか思いつつ、本当はしたかったのであった。ちょっとがっかり。
「あっ!ごめんっ。重かったでしょ!今退くね。」
自分の体制を思い出したらしい、実乃梨は突然申し訳なさそうに謝った。位置は竜児の上から、
「おうっ!?」
・・先ほどよりも近くに実乃梨の端正な顔があった。実乃梨は竜児の隣にいたのだ。
「えっへへーん、高須君のお隣確保!このまま寝ちゃおっかなー。ん?どうしたの?」
「い、いや・・なんでもない。」
あまりの無防備さに少し呆れる。このまま寝られなんてしたら野獣化して襲いかねない。
大体今でも心臓がバクバク言ってるのだ・・眩すぎる顔を直視できないくらい。
しかし、その顔から目を逸らすと、耳元に実乃梨の吐息が掛かって非常に困る。
もしかすると、先ほどよりも危険な状況かもしれない・・


268 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2007/01/25(木) 18:55:25 ID:6pc3A50x
頑張れ!GJ!


269 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2007/01/25(木) 22:46:41 ID:vTBrmcat
>>266
GJだぜ
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 みのりん!みのりん!
 ⊂彡


270 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2007/01/27(土) 17:44:06 ID:HWbh6Ngh
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 たかす!たかす! GJ
 ⊂彡


271 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2007/01/30(火) 20:55:02 ID:Lg3LngCi
  人 
( 0w0)<ヅヅギハマダダンディスガー!


272 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2007/01/31(水) 07:17:20 ID:KVozceGl
マダダドンドコドーン


277 名前: 259 [sage] 投稿日: 2007/02/01(木) 00:14:41 ID:iJuv4eLp
「高須君。」
「何だ?・・・っ!?」

と、突然ぐい、と学ランの襟を引っ張られた。何が起こったのか、竜児には最初、理解できなかった。
目の前にあったのは、実乃梨の大きな瞳。
マシュマロのように柔らかい、竜児の唇と重なっていたそれは・・おそらく、実乃梨の唇だ。
竜児が実乃梨とキスしているのだと気がついたのは、
リップクリームか何かなのか微かなレモンの香りを残して実乃梨の唇が、瞳が、名残惜しくも離れていった時であった。

実乃梨と初めてのキス・・属に言うファーストキスを交わしてしまった。

感動と恥ずかしさで、顔に熱が昇っていく。竜児は沸騰して蒸発しまいそうになった。
「高須君たら、顔真っ赤だよ。」
「お、お前こそ・・。」
・・恥ずかしそうに俯いた、実乃梨の顔は赤かった。それも耳まで、である。自分もおそらくそうなのだろう。
竜児は少し目を逸らし、
「な、何でこんなことしたんだ?・・キスは付き合って一ヵ月後くらいがベストじゃなかったのか?」
問いかけた。実乃梨は少し唇を尖らせる。
「だってさっき、高須君、がっかりしたような顔してたんだもん。したかったのかなー、と思って・・」
「・・っ。」
バレバレである。そんなに自分はいやらしい顔をしていたのだろうか・・。
「・・私だって本当はね、キスしたかった。だから、キスしよっか、って訊いた。
でもやっぱり、いきなりこんなこと言ったら引かれちゃうかなって思って、咄嗟に冗談!・・って言ったの。
そしたら高須君ががっかりした顔、してくれて・・私、すごく嬉しかった。
人を好きになることって、こういうことなんだね。
高須君と、色んなことをしたいって思うんだよ。
お祭り行ったりスキーに行ったりお泊りしたり・・また、あーみんの別荘にも行きたいなぁ。
・・キスの先もね、体験してみたいよ?高須君となら、何だってしたい。」


278 名前: 259 [sage] 投稿日: 2007/02/01(木) 00:16:01 ID:iJuv4eLp
「お、俺だって・・!」
一気にぶつけられた実乃梨の想いに、竜児は負けじと言葉を発する。
伝えたいと、思ったのだ。実乃梨と同じ、自分の気持ちを。
「俺だって、櫛枝と色々な事をしてみたいぞ。
それに、櫛枝のことをもっと色々知りたいし、ずっと一緒にいたいと思う。
その、きききキッ・・スとかそこら辺のことも勿論、櫛枝がいいんなら、したい。」
「そ・・」
一時熱が引いていた、実乃梨の顔がまたじょじょに赤くなっていく。照れるように両手で頬を包み、
「そっか・・高須君は、したいんだ・・。」
確認するように問いかける。恥ずかしいながらも、竜児は頷いた。
「・・お、おう。」
「私も、だから・・だから・・その・・」
実乃梨の瞳がぎゅっと瞑られる・・これは、“キスの先”の了承だ。
ーー竜児は震える先で実乃梨のブレザーのボタンに手を掛けた。


279 名前: 259 [sage] 投稿日: 2007/02/01(木) 00:17:21 ID:iJuv4eLp
執筆スピード遅くてごめんなさい。続きはまた今度・・


280 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2007/02/01(木) 00:24:34 ID:NFfmFCr0
乙。じっくり待つ。


281 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2007/02/01(木) 00:45:09 ID:r2LWSRYd
GJ!
デレみのりんイイヨイイヨーw

スレ進行が遅いからちょうどいいと思う。
じっくり最後まで完結させてください。


282 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2007/02/01(木) 00:52:37 ID:/F3Q62++
おかしい…
あのみのりんの背後にヒロイン光がさしておる…!
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

応援中! ×

【君が主で執事が俺で】応援バナー【君が主で執事が俺で】応援バナー 『見上げた空におちていく』応援中です lightの『R.U.R.U.R』応援中!


フリーエリア ×

Clear応援 「宮城野紗由」 スターリンク「ひとゆめ」 3月30日発売!


ブログ内検索 ×

RSSフィード ×



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。